居宅介護支援事業所

ケアマネージャーが働く職場として、最初に挙げられるのは、居宅介護支援事業所ではないでしょうか。この居宅介護支援事業所では、数多くのケアマネージャーが働いています。

“介護を必要とする人たちの相談所”とも言われ、介護に関する様々な問題解決のお手伝いをします。

スポンサードリンク

居宅介護支援事業所とは?

ケアマネージャー

自宅で介護を受けている人が、介護保険を使って在宅サービスなどを受けることができるように、ケアプラン(介護サービス計画)の作成をはじめ、様々な仕事をするところを居宅介護支援事業所と言います。希望する介護保険サービスを受けるためには、なくてはならないところと言えるでしょう。

ケアマネージャーが働く全国の居宅介護支援事業所は、年々増え続けて今や3万5000ヶ所以上あると言われています。この数からも、その重要性がわかりますね。


どんなことをするの?

居宅介護支援事業所でケアマネージャーとして働く場合、具体的にはどんなことをするのでしょう?

どんな職場でも、基本的にケアマネージャーの仕事内容は変わらず、ケアプランの作成が中心となります。ケアプランを作成し、利用者がそれに基づいた介護サービスを受けられるようにするために、色々な仕事をしなければなりません。

居宅介護支援事業所での主な仕事については、【どんな仕事をするの?】のページを参考にしてください。 次の項目では、ケアプラン作成以外の仕事内容を紹介します。

相談を受ける

ケアマネージャー

居宅介護支援事業所には介護を必要とする人、その家族などたくさんの人が相談に訪れます。

体力的なことを含めた利用者の日常生活のこと、介護をする家族のこと、病院から自宅に戻った後のこと、介護保険に関する疑問など、色々な悩み相談に乗ってくれます。介護のことで悩んでいることがあれば、まず居宅介護支援事業所行って相談してみましょう。

ケアマネージャーは介護する人にとっても、される人にとっても快適な日常生活が送れるように、介護保険のことはもちろん、福祉用具のレンタル・購入、住宅改修などについてのアドバイスもします。


ケアマネージャーを目指そう!

ケアマネージャーを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう!

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、

自分の納得できる学校を探してみませんか?

詳しくはコチラ
ページ上部へ
ケアマネージャーを目指せる資料を集める
ケアマネージャーを知ろう!
ケアマネージャーの職場
ケアマネージャーになるには?
ケアマネージャーになったら?