グループホーム

病気や障がいなどが原因で、生活の中で何らかの問題が起こる可能性のある人たちが、指数人で一般住宅に住むシステムがグループホームです。

様々な形態のグループホームがありますが、介護保険の分野では、認知症高齢者グループホームが在宅サービスの1つになっていて、そこではケアマネージャーが不可欠な存在です。

スポンサードリンク

グループホームとは?

老人

グループホームは、知的障がい者や精神障がい者が地域に溶け込みながら、できるだけ自立した生活ができるようにという目的で誕生しました。

精神障がい者地域生活援助事業の1つとして挙げられます。

専門スタッフに日常生活に必要な様々なサポートを受けながら、少人数で一般住宅に住むというものです。


認知高齢者向けグループホーム

抱えている病気や障がいの種類によって、色々なタイプのグループホームがあります。その中でも、認知症の高齢者を対象としたグループホームが年々増えてきています。

利用者は介護保険制度による介護サービスを受けることができ、正式には認知症対応型共同生活介護施設と言います。家庭的な環境で日常生活の世話や介護、機能訓練などを受けながら過ごします。

利用できる人

老人

今は“グループホーム”と言うと、認知症高齢者向けのものを指すことが多くなってきました。ここでは、認知症高齢者向けのグループホームということを前提に説明します。

では、具体的にどんな状態の人が、グループホームを利用できるのでしょう? 65歳以上で要介護認定されていて、認知症と診断されている人が利用できます。そのほか、40歳以上64歳以下の人でも、初老期認知症、脳血管疾患といった特定疾病で要介護認定が下りている人は利用できます。

いずれの場合も、共同生活をできることが条件になります。

広がる活躍の場

このグループホームも、ケアマネージャーの活躍の場として挙げられます。グループホームは、2004年からケアマネージャーの配置が義務付けられたため、比較的新しい職場と言えるでしょう。

人員基準

利用者3人に対して介護職員1人、夜間勤務は1人以上で、そのうち1人は常勤でなければいけません。また、ケアマネージャーも必ず1人必要です。

こんな施設にも!

グループホームのほかにも、有料老人ホームやケアハウスなどケアマネージャーを置くことが定められ、活躍の場が広がりました。

ケアマネージャーは雇用人数が少ないので職場数が増えるのは、この職業に就こうと思っている人たちにとっても嬉しいことですね。


ケアマネージャーを目指そう!

ケアマネージャーを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう!

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、

自分の納得できる学校を探してみませんか?

詳しくはコチラ
ページ上部へ
ケアマネージャーを目指せる資料を集める
ケアマネージャーを知ろう!
ケアマネージャーの職場
ケアマネージャーになるには?
ケアマネージャーになったら?