民間企業

公的機関】のページでも紹介しているように、保健センターや医療福祉センターのスタッフもケアマネージャーの資格を持っていると、とても役立ちます。

最近では福祉関係をはじめ、いろんな民間企業でもケアマネージャーの資格取得者を積極的に採用するようになってきました。

スポンサードリンク

福祉用具販売・レンタル業

ケアマネージャーの資格取得者を優遇している企業には、福祉用具販売・レンタル業があります。

福祉用具とは

車椅子

福祉用具とは、車椅子や補聴器、電動ベッドなど障がい者や高齢者の日常生活・介護をサポートするための道具のことを言います。

これらの福利用具には様々な種類があり、中にはレンタルしたり、購入したりするときに介護保険が適用されるものも含まれています。


ケアマネージャーの出番!

介護保険に詳しいケアマネージャーがいれば、福祉用具レンタルや購入のお手伝いができます。

それぞれに合ったものを使って快適な生活をするためにも、福祉用具のレンタルや購入の際には、ケアマネージャーがお客さんとしっかり打ち合わせすることが大切です。

生命保険会社

生命保険会社にも、介護関連のサービスがあるため、ケアマネージャーの資格取得者を積極的に採用しています。

主なサービス内容

電話や窓口での相談対応、要介護認定の申請代行、ケアプラン作成支援ソフトの提供のほか、介護セミナーやケアマネージャー養成講座の開催などをケアマネージャーが行います。

さらに、介護サービスの紹介などの介護事業にも携わります。

すぐに役立つ!

他の民間企業もそうですが、生命保険会社で、もしケアマネージャーが必要なときは関連会社に連絡を取り、協力してもらうこともできます。

けれど、そこの会社にケアマネージャーが働いていたとしたら、お客さんへの素早い対応ができますね。

建設会社

ケアマネージャーの新しい職場として注目の建築会社では、家のリフォーム時に、その資格が役立ちます。

介護リフォーム

車椅子マーク

高齢者などが住む家は介護がしやすいように、リフォームが必要な場合も少なくありません。

このとき、介護を必要とする人の身体の状態によっては、医師やケアマネージャーが許可した場合、介護保険を使ってリフォームすることができます。


迅速に連携!

建築会社にケアマネージャーがいることで、介護リフォームに必要な許可をすぐ出すことができます。

また、実際にリフォームを手がける建築士と意見交換をしやすくなります。これにより、住む人にとって快適な住まいとなるでしょう。


ケアマネージャーを目指そう!

ケアマネージャーを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう!

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、

自分の納得できる学校を探してみませんか?

詳しくはコチラ
ページ上部へ