ケアマネージャーの給与・年収

ケアマネージャーとして働くことになったら、気になるのは給料のことですよね。

ケアマネージャーの人の中には看護師や介護福祉士を兼務している人も多くいます。このため、実際の給料はケアマネージャーとしてだけの金額ではないこともあります。給与・年収がどれくらいなのか見てみましょう。

スポンサードリンク

ケアマネージャーの給与

紙幣

ケアマネージャーの給料は、どれくらいなのでしょう?

厚生労働省の調査によると、給料は年々少しずつですが、残念なことに減ってきています。

.とはいえ、他の福祉分野の職業に比べると、高額になっています。これは介護保険制度の重要な役割を果たす、責任重大な職業だからだと考えられています。


平均月収

ケアマネージャーの平均的な月収は、約26万円とされています。平均時給が約1520円ということからも、比較的高額ということが分かるでしょう。

他の職業の人と連携しながら、多くの仕事をこなさなければならないため、仕事の量的にも見合った金額と言えるかもしれません。

平均年収

平均年収はと言うと、約380万円程度になります。この平均年収には、年間のボーナスなども含まれています。

多くの場合、ボーナスの支給回数は年2回、その合計額は約68万円とされています。

ケアプラン報酬

紙幣

ケアマネージャーが報酬を得るには、ケアプランの作成が中心となります。2006年に介護保険制度が改正されてから、ケアプラン作成の報酬額は、1件につき月1万〜1万5000円というふうに決まっています。

ですが、今はあまりにもたくさんの仕事を引き受けると、単価が低くなるシステムも取り入れられています。このシステムは、ケアマネージャーの仕事の質の向上を目的としたものです。


付加価値をつけよう

ケアマネージャーの魅力の1つに、同じ福祉・医療分野の別の資格も一緒に活用できる点ではないでしょうか。

今後ますます需要が高まってくることが期待されるケアマネージャーの資格。介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、福祉住環境コーディネーターなどといった資格も取っておくことで、より幅広く、かつ深い知識を身に付けられるでしょう。


ケアマネージャーを目指そう!

ケアマネージャーを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう!

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、

自分の納得できる学校を探してみませんか?

詳しくはコチラ
ページ上部へ