どんな仕事をするの?

介護保険制度ができて以来、ケアマネージャーはとても重要な役割を担っています。

要介護認定を受けた高齢者などが、介護サービスを利用するための手助けをするケアマネージャー。具体的にどんな仕事をしているのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

要介護認定に関する仕事

介護認定

介護を必要とする高齢者などが、介護保険制度を利用して在宅介護サービスや施設への入所を希望する場合、市区町村に申請して、要介護認定を受けなければなりません。

介護サービスを受けるためには、どの程度の介護が必要なのかを認定する必要があります。

ケアマネージャーは、本人や家族に代わってその申請を代行することがあります。さらに申請後、要介護者の自宅へ訪問調査に行く場合もあります。

本来なら、市町村の職員が行う仕事ですが、場合によっては委託介護支援事業者や介護保険施設に委託することもあるのです。そんなときには、ケアマネージャーが訪問調査を代行することになります。

調査方法

全国共通の認定調査票が使われます。

「1人で起き上がることができるか」「歩くことができるか」「1人で食事ができるか」など、計82項目について本人または家族などから聞き取りを行います。

ケアプランに関する仕事

介護保険制度では、要介護度が5段階に分けられていて、それによってサービス限度額も決まっています。

ケアマネージャーは要介護度やサービス限度額をもとに、ケアプラン(介護サービス計画書)を作成します。

ケアプラン作成のポイント

どのようなサービスを必要としているのか、利用者1人ひとりのニーズを細かく調査・分析して、それに応じたケアプランを作成することが大切です。

ケアプランには、サービスの種類や量、曜日、時間などを記入します。

モニタリングも重要

サービスが始まったあとも、利用状況などを知っておく必要があります。サービス内容や量、満足度などを評価します。この作業を“モニタリング”と言い、このモニタリングを行った結果、新たな課題があるようなら、ケアプランの変更も検討されます。

施設サービスに関する仕事

個人向け(居宅サービス)のケアプランの作成だけではなく、介護保険施設での仕事もケアマネージャーが行います。

介護保険施設では、施設サービスのケアプランが必要になります。仕事の手順は、居宅サービスの場合とほとんど同じです。

給付管理に関する仕事

給付管理

給付管理業務も、ケアマネージャーの重要な仕事の1つに挙げられます。これは、サービス業者の介護給付費請求のために行います。

サービス提供後、1ヶ月間のサービスの種類や単位数、サービス事業者名などを記す“給付管理票”と、ケアマネジメント費用を請求するために“居宅介護支援介護給付費請求書”を作成します。

この2つの書類を、サービスを提供した翌月の10日までに国民健康保険団体連合会に出さなければいけません。


ケアマネージャーを目指そう!

ケアマネージャーを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう!

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、

自分の納得できる学校を探してみませんか?

詳しくはコチラ
ページ上部へ
ケアマネージャーを目指せる資料を集める
ケアマネージャーを知ろう!
ケアマネージャーの職場
ケアマネージャーになるには?
ケアマネージャーになったら?