独学

ケアマネージャーの試験合格を目指している人の中には、参考書や問題集などを買って、独学で頑張っている人もいるでしょう。自分の苦手分野がはっきりしている場合には、その部分を重点的に勉強することができる独学はいいですね。

独学で試験対策をするには、根気強い努力が必要です。

スポンサードリンク

通信講座との違い

空いた時間を使って勉強するという点では、独学でも通信講座でも同じです。けれど、いくつかの違いもあります。

教材は自分で用意

本

独学の場合は、参考書や問題集といった教材を自分で買い揃えなければいけません。

最近では、ケアマネージャー試験対策用の参考書や問題集がたくさん販売されていますが、種類が多すぎてどれが良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。


分からなくても聞けない

通信講座は疑問点が出てきたとき、FAXやメール、電話で講師に質問することができますが、独学はそれができません。

そのため、疑問点の解決に時間がかかり、勉強が進まない…なんてことも。

通信講座

独学でケアマネージャー試験突破を目指すための頼みの綱は、良い参考書を見つけることです。良いと聞いた参考書を何冊も使って勉強する人がいますが、特に短期間で受験したい場合には、止めたほうがいいでしょう。同じ参考書を使い、繰り返し勉強したほうが効果的ですよ。

ここで、良い参考書選びのポイントを紹介しましょう。

1冊ですべての分野を網羅しているもの

内容が最新のもの

基本テキストの内容に沿ったもの

介護保険制度の基本視点が含まれているもの

資料や図解が豊富で分かりやすいもの

勉強のコツ

勉強

専用の過去問題集を繰り返し解くことが、ケアマネージャー試験対策を独学でするコツになります。

これは独学に限らず、どんな勉強法でもそうですが、過去問題を何度も解くことで自然と出題傾向が分かりますし、問題をすんなり解くことができるようになります。

このほか、国家資格を持っていれば、解答免除になる分野もあるので、それ以外の分野に重点を置くと、効率よく勉強できます。


ケアマネージャーを目指そう!

ケアマネージャーを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう!

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、

自分の納得できる学校を探してみませんか?

詳しくはコチラ
ページ上部へ