必要な資格

ケアマネージャーになるには、保健、医療、福祉に関する幅広い知識が必要です。そのため、資格試験はある一定の国家資格を持ち、さらに一定期間の実務経験がある人でなければ受けることができません。

まずは必要な資格を取得し、実務経験を積んでから、ケアマネージャー試験を目指しましょう。

スポンサードリンク

特定の国家資格を持つ人

ケアマネージャー

ある特定の国家資格を持っている人は、ケアマネージャーの試験を受けることができます。 

さらに仕事の従事期間が5年以上、900日以上の実務経験が必要とされています。

ですが、ここで気をつけなければならないのは、国家資格を持っていたとしても、例えば大学の研究室で研究をしていた…というような場合は、実務経験期間には含まれません。


ケアマネージャー資格試験の対象者

医師、看護師、准看護師、保健師、介護福祉士、社会福祉士、歯科医師、歯科衛生士、薬剤師、助産師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、義肢装具士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師・きゅう師(鍼灸師を含む)、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士

相談援助業務に携わっている人

ケアマネージャーの受験資格があるのは、国家資格を持つ人だけではありません。一定の職場で5年以上かつ900日以上の期間、相談援助業務に携わっている人(または携わった人)に、ケアマネージャーの受験資格が与えられます。

ケアマネージャー資格試験の対象者

高齢者福祉施設・障がい者(児)療養施設の生活指導員、児童福祉施設の指導員、町や村の老人福祉担当職員、医療機関の医療社会事業従事者など

介護などの業務に携わっている人

葉

社会福祉施設や介護保険施設で、一定期間介護などの業務に携わっている人(または携わった人)にも、ケアマネージャーの受験資格があります。ただ、この場合は資格の有無で、必要な実務経験期間が異なります。 上記の国家資格を持ち、相談援助業務に1年以上携わった人のほか、社会福祉主事用資格を持つ人、ホームヘルパー2級を取得している人は5年以上、900日以上の実務経験が必要とされています。一方、国家資格のない人や相談援助業務の要件を満たしていない人は、10年以上かつ1800日以上の実務経験がなければいけません。

少人数制の専門学校なら、納得いくまで質問もでき、勉強に遅れをとる心配もないでしょう。 専門学校で学ぶと、多くは卒業するだけで国家試験の受験資格を得られますし、中には卒業すると自動的に国家資格を取得できるものもあります。

専門学校にも、2年、3年、4年といくつかのコースがあり、働きながら通う人には自分のライフスタイルに合わせて国家資格取得までの年数を選べることも魅力的ですね。

ケアマネージャー資格試験の対象者

障がい者更生施設・療護施設・授産施設の職員、救護施設・老人ホーム・介護老人保健施設の介護員など


ケアマネージャーを目指そう!

ケアマネージャーを目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう!

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、

自分の納得できる学校を探してみませんか?

詳しくはコチラ
ページ上部へ